2009年09月13日() << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの09月13日 編集

■1 看護師が転落死…ダイビング名所の岩場、手すり破損[http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090913-OYT1T00013.htm][社会]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

手すりは、現場近くでダイビング機材の貸し出し施設を運営する伊東市漁協が設置したものといい、同署で管理に問題がなかったかなどを調べている。
良く手すりを付けたせいで責任取らされるという話を聞きますが、危ないに決まっているところで寄りかかるのは自己責任という意見も出てきます。どういう場所にどういう手すりが付いていたかによって印象がずいぶん変わるので画像を探してみました。
まず、 富戸ダイビングサービス[http://www.jf-net.ne.jp/soitoshigyokyo/diving/futo/annai.html] に、「温泉丸」という写真が掲載されています。 これを頼りに検索して、 温泉丸周辺の工作 - まとめ[http://www2u.biglobe.ne.jp/~Bubble/blabo/bath2008/bathfinal.htm] というページを見つけました。
この写真の手すりが問題の手すりだとすると、ある程度の強度を期待してしまいそうです。不特定多数向けのサービスを運営する一環として設置したのであれば、ある程度の管理をする義務を負いそうです。

■ 関連記事

■2システムの安全性と手すりの安全性[セキュリティ]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

先の記事[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20090913&to=200909131#T200909131] を書きながら考えたこと。 手すりを設置するときは、それが危険な場所に設置されるのであればなおのこと、見た目の安全性が実際の安全性を上回らない様にした方が良いだろう。 体重を掛けても大丈夫そうな見かけで、実は、体重を掛けるとポッキリ行くというのは、ある種、トラップになる。見えないところが弱い構造のものを避けたり、あるいは常に点検をしたりという、「安全そうなもの」を設置した責任が生じるように思う。
逆に、見えないところの安全性が確保できないのであれば、見た目に安全そうなものを設置してはいけないように思う。
ITシステムのセキュリティにも同じ構造がある筈で、不特定多数向けのサービスは特に、利用者からは実際の安全性が分かりにくいのだから、実際以上に安全なように「見せかける」行為は、利用者を罠に掛ける行為かも知れない。
だけれども、実際には、「安全そうに見せかける」セキュリティ対策が色々なところで行われている気がする。

■ 関連記事

■3 「ステーキのどん」新たに3店舗でO157[http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090912-OYT1T00750.htm][社会]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

10日の記事[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20090910&to=200909105#T200909105] の続報。
患者は角切りステーキやハンバーグを食べており、店側が調理した際、焼き方が不十分だったのが原因とみられる。
店側が調理しても事故が起こるのだから、やはり、「角切りステーキ」には構造上の問題があるのではなかろうか。 通常のステーキ肉の場合、外部からの菌に汚染されるのは表面に近いところに限定されそうだけれども、加工して作った角切りステーキの場合、内部まで菌に汚染されてしまう。しかも、複数の肉を混ぜ合わせて作れば、汚染されたものが混入する確率は高くなりそうだ。
こういう加工肉をスーパー等で買ってくると、 「あらかじめ処理をしてありますので、中心部まで十分に加熱してお召し上がりください」[http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%81%82%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%98%E3%82%81%E5%87%A6%E7%90%86%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%80%81%E4%B8%AD%E5%BF%83%E9%83%A8%E3%81%BE%E3%81%A7%E5%8D%81%E5%88%86%E3%81%AB%E5%8A%A0%E7%86%B1%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8A%E5%8F%AC%E3%81%97%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8A%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84&sourceid=navclient-ff&rlz=1B3GGGL_jaJP330JP344&ie=UTF-8] 等と、何とも歯切れの悪い注意書きがしてあるのだが、この注意書きをする人達にとっては、「処理をした肉は、中心部まで加熱しないといけない」ということは常識なのであろう。
ちなみに、これらの表示は、
表示が必要な処理方法
テンダライズ処理
金属の刃を用いて、肉の原型を保ったまま、筋および繊維を細かく切断する処理
タンブリング処理
調味液を機械的に注入する処理
ポーションカット
肉塊やひき肉を、金属容器にきつく詰め、解凍整形した後、一定の厚みに切ること(結着肉)
タレかけ
肉を容器包装に入れた後、調味液を加えること
漬け込み
肉に調味液を加え、漬け込むこと
ミキシング
肉に調味液を加え、ミキサーでもみほぐすこと
の様な処理を行った際に義務付けられており、同ページによれば、 「細菌による汚染が、食肉の内部にまで拡大する恐れがある処理」であり、「外見上は処理をしていない食肉と区別が困難である」と言う。
加工の方法によって、安全性が左右されるわけで、通常の肉を購入するときよりもさらに、信用の置けるところから購入する必要があるだろう。

加工調味牛肉 - 雪華肉[http://koyamachikusan.co.jp/sab8%20sekkaniku1.html]:

この記事に関連して書くのもどうかと思ったのだけど、「信用できる加工肉」を目指している業者さんもいるはずだと言う線で検索してみた。
当社では、お客様が雪華肉を万が一 生で食べても問題が起きない様に、製品中の細菌数を減らす方向で努力しています。
(中略)
まだまだ無菌の製品には程遠いですが、どんな調理方法、環境条件でも、安心して召上って頂ける製品を目指しています。
という感じで、相当に気を使っていそうだ。
確かに角切りステーキ等とは違い、見た目だけではあらかじめ加工されていることが分からないかも知れない。

■ 関連記事

■4 みずほインベーダーズ証券、十八銀行と業務提携[http://www.zaikei.co.jp/article/biznews/081129/28902.html][CLIP]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

インベーダーズ証券 ですか!

■ 関連記事

今日のつぶやき

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2009年09月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project