2005年12月12日(月) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの12月12日 編集

■1 続・ みずほ証券、ジェイコム株を誤発注・「1円で61万株」[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200512a&to=200512091#T200512091] このエントリーをはてなブックマークに追加

9日の記事[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200512a&to=200512091#T200512091] で、
注文の時は、自動更新されるのに取り消し注文は自動更新されないというのは、仕様かも知れないが、だとすれば仕様のバグではなかろうか。
として、東証側のシステムの問題について言及したけれども、昨日からの報道で、やはりこれを「欠陥」と指摘したものが出てきたようだ。
東証の売買システムは、価格が動くといったん売買処理を中断する。注文取り消しがあれば、この間に受け付け、処理することになっている。ところが、ジェイコム株は8日が上場初日の取引で、みずほが誤発注した価格が1円だったことから、値幅制限の下限価格とみなして処理する「みなし処理」が行われた。東証によると、みなし処理の取引で、注文取り消し依頼を正常に受け付けるシステムが整っていなかった。
東証は9日夕方、売買システムを開発した富士通から欠陥の報告があり初めて問題を認識。その後の調査で欠陥を確認した。
東京証券取引所の鶴島琢夫社長は11日夜、記者会見し、誤発注に気付いたみずほ証券が大量の誤発注を取り消せなかったのは、東証の売買システムの不具合が原因だったと発表した。
(中略)
売買の取り消しは、売買契約を成立させる処理の後に受け付ける仕組みとなっている。今回の取り消し注文は処理中に出されたが、処理が終わった後も正常に認識されなかった。東証は、みずほ証券の申し出を受けてシステム開発者の富士通と点検した結果、9日夕に富士通から不具合があったとの報告を受けた。東証は設計上のミスだったのか、システム構築時のミスだったのかなどを調べている。
それにしても、 また富士通[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/07/news069.html] ですか。これはもう、もっと大きいシステム(仕組み)の問題を抱えているのでしょうな。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年12月 翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project