2005年07月19日(火) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの07月19日 編集

■1 「スパム送信用“ボットネット”のレンタル料は1時間で300ドル」[http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20050713/164607/][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイルス等の作成が現実にビジネスになりつつあるという話。
ビジネスで作成するとなると、愉快犯的なものと違って、いかに発見されにくく、また効率的に感染するかと言う点に努力する様になるだろうから、対策側もステージが変わる筈だ。

■ 関連記事

■2 官庁はJavaの脆弱性にどう対処すればいいのか[http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20050717.html#p01][セキュリティ]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

「先日の長崎県のケースはともかくとして」は、「宮城県」では?
あるいは、ヨークシャーの他に何かやったか、長崎県。
こんな複雑で手間のかかることを求めるくらいならいっそ、「当局への電子申請には、当局電子申請専用のパソコンをご用意ください」とした方が簡潔でわかりやすいのではないかと思えるくらいだ。
非常に黒いジョークなのだけれども、ジョークにならない状況があるのは何度も述べてきた通り。利用者のパソコンを自分のトコ専用端末とでも思っている様なシステムが多すぎる。
「本当に動かなくなるのか」の分析は非常に鋭いと思う。現場では、実際その様な問題に直面している(らしい)。
さらに言えば、開発の現場でもテストの自動化等と言うことは行われておらず、チェックリストに印鑑を押していく様な人海戦術的品質管理システムが災いして、再テストを行うだけで開発工数の大部分が費やされるという話もある(らしい)。
自動化、省力化を進めるはずのITの生産現場が、もっとも自動化、省力化から遠いのは謎である。
アップデートで動かなくなるようなことは実際にはないにもかかわらず、検証作業をチンタラやるだけで定期的に儲かってウハウハかもしれないし、逆に、改修に必要なコストを毎回見積もる場合には、最初にあえて杜撰なアプレット開発をやっておくことで、後にアップデートリリースが出るたびにボロボロと改修項目が必要となってウハウハとか、そういうことが起こり得る。
「動けばOK」症候群に毒されてしまっていると、まさにこれが収益モデルになる。
ちょっと違うところは、「あえて杜撰なアプレット開発」をやっているわけでは無くて、「動けばOK」症候群の会社では、それを普通の開発だと思っているところだ。
仮に改修コストを含めて見積もるとしても、それは保険料であって、そもそもの当たり前のライブラリを当たり前に使うという方向の品質の向上によって、そのコストをほぼゼロにしようという方向には向かない。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年07月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project