2005年01月11日(火) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの01月11日 編集

■1勘のいいメル友[magic] このエントリーをはてなブックマークに追加

マジックは全般に魔法の再現と言われるけれども、超心理現象を*演じる*ことができる、メンタルマジックと言われる分野がある。
これをマジックとして演じないで、自らが超能力者であることの証明に使う事が色々と批判されたりするけれども、それだけメンタルマジックが観客に与える印象が大きいという事だろう。

遠隔テレパシーとして古典的なものに以下の様なものがある。作者は調べれば分かるのかも知れないけれども、携帯電話普及以前のずいぶん古いものの様だ。

術者はシャッフルしたデックの中から、客に1枚のカードを任意に選んでもらい、これを表向きにしてもらう。このカードは任意に選んだもので、客も術者も、初めて知ったということを確認する。
携帯電話を取り出し「この友人はテレパシーの持ち主で、訓練の結果、携帯電話越しでもカードを当てる事ができるのです」等と説明して、友人に電話を掛ける。
友人に「○○君?例のカード当てやってよ。今、××さんに代わるから。」等と言って、客に携帯電話を渡す。
客に「私のカードは何ですか?」と聞く様に促すと、友人は「ハートの3」等と答えて、当たっているので驚く。
客から携帯電話を回収して、実験(?)を終わる。

客が知らない「友人」が必要な点が難点で、演じた場合のインパクトは大きいし、携帯電話が普及して、電話が使いやすくなったのに演じにくいことを残念に思っていた。

これを「メル友版」にすれば、完全に一人で演じる事ができるのではないかとしばらく考えていて、色々試行錯誤した結果、ようやく形になったので、現象だけメモしておく。

携帯電話を客の見えるところに置き、「勘のいいメル友」の話をする。「どこかに出かけている時に、『今、どこどこにいない?』等とまるで見ているかの様にメールを送ってくる」と。異性ということにしても良いだろうし、「まるで私の心を読んでいる様で不気味に思う事があります」等とホラータッチに味付けしても良いだろう。
「ちょっと実験してみましょう」ということで、デックから同様に任意の1枚のカードを選び出してもらう。
「これで、『なんかマジックとかやってる?』とかメールが来るかも知れません」等と言いながら、カードのイメージを強く念じる様な演技をする。
携帯電話にメールが着信するので、メールを開いてみると、「ハートの3って何?なんかトランプとハートの3が思い浮かんだんだけど、何?」等というメールなので驚く。

「遠隔テレパシー」の演出を知っている人であれば、タネは(それとは違うけれども)思いつくと思うので、ここでは種明かしをしない。
タイミングの問題は、秒針の付いた腕時計を用意すると良い。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年01月 翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project