2000年04月05日(水) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの04月05日 編集

■1体調最悪次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

「いつも寝起きは最悪だ」にマル。午後になっても回復しない。 カフェインを摂取せねば。

■ 関連記事

■2 電影会[http://www-toralab.ics.nitech.ac.jp/~shoji/diary/?2000032&to=200003232#200003232]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

のキーワードで、同窓生(といっても学科は違うが)発見。

■ 関連記事

■3 第三者中継[http://www.ki.nu/~makoto/diary/?200004a&to=200004021#200004021][おしごと][TPR]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ご指摘ありがとうございます。
FAQ[http://www.nanet.co.jp/rlytest/faq.html] は「信用」であっているのですが、説明不足でした。
あるメールサーバ(A)が他のサーバ(B)からのメールを無条件に中継すると設定した場合、 「AはBを信用」しているとみなす訳です。逆に「BはAを使用」している状態で、 外へのメール送出を許すサーバを一元管理するために、このような構成を取ったりします。 この場合、サーバ(B)は到着したメールで最終配送先が自分でなければ、 無条件にAにその後の配送を依頼します。
こういう構成を取った場合、Bの設定に問題があって第三者中継を許していると、 Aが無条件にBを信用して外部への送出を行ってしまうので、 結果として第三者中継が行われてしまいます。 また、このパターンの場合でもORBSには登録されてしまいます。

■ 関連記事

■4 VPN機能付きのルータ[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200004a&to=200004044#T200004044][おしごと][freebsd]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

LAMB[http://www.wildlab.com/] 使って作るというアプローチも。

■ 関連記事

■5sendmail DNS 送信 遅い[goo]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

と、いうところまで分かっていたら、 smtpfeed[ftp://ftp.kyoto.wide.ad.jp/mail/smtpfeed/] とか DNScache[http://www.jp.qmail.org/tools/dnscache/] とか qmail[http://www.jp.qmail.org/] でしょうね。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2000年04月 翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project